マナーとしてのマスク(後編)

さて、それでは後編として、今回は具体的にマスクを紹介していきたいと思います。(同じマスクは1日しかせず、それぞれ3日間ずつ付けた感想です。)

前回のおさらいですが、下記3条件を満たすマスクになります。

 ①鼻と口が覆われている(つけているシーンに評価が左右)

 ②外でも長時間付けていられる(苦しくならない)

 ③コストが安い(使い捨てのマスクに比べてどうか)

一つ目ですが、YONEXのマスクです。

ヨネックス(YONEX)公式オンラインショップ
ヨネックス(YONEX)公式オンラインショップ。各種ラケット、シューズ、ウェアなど、オフィシャルならではの幅広い品揃え。5,000円以上ご購入で送料無料。新製品や人気商品をお届けします。

※8/29現在、購入サイトは公開されておりません。

・スポーツフェイスマスク AC480

耳かけの長さの調節ができ、痛くなるのを防ぎます。

ヨネックス独自の涼感素材「ベリークール」が採用されており、麻のような感覚ですね。結構しっかりした生地のため、真夏の昼間にウォーキングしてみたのですが30分で外しました。

1個990円(税込)で、100回くらい洗っても大丈夫と仮定すると、1日1回洗うとして、200日持ちそうです。(1日当たり4.95円

次に、ミズノのマスクを紹介します。

抽選専用|ミズノ公式オンライン・マウスカバー専用サイト
このマウスカバーは、水着や陸上ウエアで採用している伸縮性に優れた肌触りの良いソフトな素材を使用し、フェイスラインを優しく包み込む設計で耳周りの締め付け等のストレスが少なく、飛沫拡散を抑制します。私たちは、新型コロナウイルス感染症の影響が1日も早く収束して、皆さんがスポーツを楽しむことができる日常が戻ることを祈っています...

※8/29現在、購入サイトは公開されておりません。

・マウスカバー アイスタッチ(グレー)

こちらは付け心地がとてもよく、真夏の昼に60分ウォーキングしても外さなくてもいいかな、というレベルのものでした。

ただし少し耐久性が良くないようで、(2枚目の写真で耳かけの一部が少しほつれているのがわかると思います。)おそらく50回程度の使用が限界かと思われます。

1個1320円(税込)のため、100日使用できるとして、1日あたり13.2円となります。

最後に、鎌倉シャツのマスクを紹介します。

シャツ屋がつくるマスク| メーカーズシャツ鎌倉 公式通販 | 日本製ワイシャツ ネクタイ ブラウス | メーカーズシャツ鎌倉 公式通販 | 日本製ワイシャツ ネクタイ ブラウス
鎌倉シャツでは、この時期を少しでも安全に快適に過ごしていただくためにシャツ生地の「シャツ屋がつくるマスク」を、本日4月17日(金)より、オンラインショップで予約販売を開始します。 | ワイシャツ、ドレスシャツ、ビジネスシャツ、ネクタイのメーカーズシャツ鎌倉のオンラインショップ。ポリシーは「上質なシャツを手頃な価格で提供...

・リネンマスク 

つけていてかなり快適ですね。上で紹介したYONEXのマスクとつけた感覚は似ています。

医療用には使えないですが、スーツを着て室内で仕事をする方にとってはよいのではないでしょうか。

1枚当たり1100円(税込)であり、これも100回くらいは洗って使えそうなので、200日は使用可能として、1日当たりは5.5円となります。

まとめますと、

マスク名ブランド①最適シーン②付け心地③コスパ
スポーツフェイスマスク AC480YONEXプライベート4.95円/日
マウスカバー アイスタッチミズノスポーツ13.2円/日
リネンマスク鎌倉シャツビジネス5.5円/日
超立体マスク(参考)ユニ・チャームスポーツ以外50円/日
※価格高騰のため

それぞれ適したシーンに応じて使い分けていくのが良いのではないでしょうか。

参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました