マナーとしてのマスク(前編)

はじめまして。管理人のtwittsanといいます。

わざわざ足を運んでいただきありがとうございます!

当方は医療系のシステムエンジニアや医療従事者の経験があるため、システムやヘルスケアに関する情報を発信していきたいと思います。

では早速、今回のテーマは

マスクの選び方

についてです。

これまでは医療機関や花粉症の季節にしか見かけなかったマスクですが、

コロナ禍で今や『マスクしていないと嫌な目で見られる』状況になっています。

これって、タバコのマナーと似てますよね。

一方で、「マスクって本当にする必要があるのか」疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

確かに、夏になって息苦しいのにマスクをつけて熱中症なんて本末転倒もいいところです。

厚労省も「ソーシャルディスタンスを保持できるならマスクはしなくてよい」と発信されています。

ですが、もし、感染したら。

マスクをしていなかったことで、他者に危害を加えたと周りから見られてしまうのがこの問題の本質です。

そのため、社会的に自身を守るためにマナーとしてのマスクが必要になると思います。

私は『マスクは空気中のウイルスには意味がないが、自分から他人にうつさないことには効果がある』と考えているので、マスクの選び方としては下記の3条件を満たせば良いと考えています。

①鼻と口が覆われている

②外でも長時間付けていられる

③コストが安い

次回はこの条件を満たすマスクを挙げていきたいと思います。

コメント

  1. 먹튀검증 より:

    Excellent weblog here! Additionally your site rather a lot up very fast!
    What host are you the usage of? Can I get
    your affiliate hyperlink for your host? I desire my
    website loaded up as fast as yours lol

タイトルとURLをコピーしました